No.50 赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」視察

2/5(金)、熊本市にある 医療法人 聖粒会 慈恵病院で取組みを実施されている"赤ちゃんポスト"を視察

 

2004年に蓮田理事長が、" ゆりかご " のモデルとなるドイツへ視察。取組みを学んで来られた。

2007年5月に " 赤ちゃんポスト " を開設。

様々な事情で親が養育できない新生児を匿名で受け入れる「こうのとりゆりかご」を設置。

 " 命の救済 "  " 親の子捨て助長 "と いう世論を二分し、全国的に賛否両論の議論が巻き起こった。

 

2007年5月開設以降、2年半で51人の乳幼児が預けられた。

51人のうち、39人は親の居場所が判明している

九州・沖縄13人、関東11人、中部6人、関西4人など。熊本県内ゼロだった。

赤ちゃんポストの運営に対して、国や県及び市からの助成金はない。

 

≪ 相談体制 ≫

慈恵病院では、妊娠・出産・養育 ひとりで悩まないで・・・

24時間電話相談  SOS赤ちゃんとお母さんの相談室

    0120-783449(なやみよしきゅう)

 

 

CIMG0547.JPG

              病院入口にある相談啓発ボード

 

 

 

                                赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」

  案内表示板               一度扉を開けて閉めると二度とあかない仕組みです

                                                                              CIMG0546.JPG CIMG0549.JPG                                                                                                                                        

24時間の相談体制は、田尻看護部長中心に3名で実施されています。

 

  ≪ 参 考 ≫

 熊本県立大学編著  「こうのとりのゆりかご」を見つめて  熊日新書(定価1000円)

  " 赤ちゃんポスト " 誕生に向けての生みの苦しみ、教育・行政・法律・報道などの観点から

 現状を整理し伝えている。