No.99 総合医療センター医療費(追加請求分)がコンビニで支払い可能に!

総合医療センターにおける診療費の追加請求の支払い方法は、次回来院時に支払って頂く。または、銀行振り込みでの支払いでした。

以前は、追加請求額より銀行振込額の方が高い事例もありましたが、

この度、収納業務委託化を図り、5月1日より新たにコンビニエンスストアで

追加請求の医療費を支払うことが出来るようになりました。

 

 

支払い可能なコンビニエンスストア名

 

セブンーイレブン、ローソン、ファミリーマート、エーエム・ピーエム、デイリーマート、

ヤマザキデイリーストアー、サークルK、サンクス、ミニストップ、ココストア、エブリワン、RICマート、

スリーエフ、コミュニティ・ストア、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイト、セイコーマート、

スパー(北海道)、セーブオン、ハート・イン、asnas、アンスリー、KPLAT

 

 

 

総合医療センターでは、一日に約2200人程度の外来患者があり,  

そのうち医療費の追加請求が発生するのは、一日10人程度、

一か月で160名程度であると報告を受けました。

※ 総合医療センターで検査等をした時に追加請求が発生することがあり、

      外来患者の当事者には  きちっと説明がなされます。

 

外来患者の皆さんにとって、従来の支払い方法に加えてコンビニエンスストアで支払いが可能となります。

収納業務の効率化で利便性の向上に繋がることは良いことだと思います。