No.128 地下鉄可動式ホーム柵設置・供用開始状況を視察

8/2(月)、地下鉄 " 長堀鶴見緑地線 " 大正駅~鶴見緑地駅までの16駅

おいて、可動式ホーム柵設置工事が、今里筋線(設置済み)に続き導入され

ことになりました。

 

可動式ホーム柵は、列車との接触事故やホームからの転落事故などを防止

し、安全対策に効果を発揮します。

長堀鶴見緑地線の可動式ホーム柵設置工事の進捗状況、そして供用開始し

いる駅での初期動での確認のため視察を実施しました。

 

 

 

CIMG1152.JPG      地下鉄長堀鶴見緑地線・大正駅にて可動式ホーム柵設置・導入の説明を受ける

                                 (左端が本人)

 

 

 《 明石の委員会発言より 》

 H19年度、交通水道常任委員会で " 可動式ホーム柵設置について " 質疑

行い、地下鉄利用者の安全性を確保することを訴えてきました。

 特に地下鉄御堂筋線での事故が多いので、御堂筋線への早期導入を

要望して来ました。

 

 

地下鉄 " 可動式ホーム柵 " 導入について

※ 今里筋線・・・・・・・・・ 開業時(H18年12月)に設置済み

※ 長堀鶴見緑地線・・・ H22年度に導入(ただし、門真南駅は未定)

※ 千日前線・・・・・・・・・ H26年度に導入

※ 御堂筋線・・・・・・・・・ 10年後のH31年度の導入を目指している

 

 

大正駅では可動式ホーム柵設置が完了し、供用開始をしています。

    関西の既設路線で、はじめての設置が大正駅となります。

 

CIMG1150.JPG                車両扉に連動してホーム柵が開閉します。

 

      閉まりかけたホーム柵にお客様が挟まれた場合でも、

                 柵内のセンサーにより検知して再開閉します 

 

 

 

CIMG1149.JPG            可動式ホーム柵(扉閉)  

            

可動式ホーム柵 : 高さ 1.3m、 

            開口幅 2.0m(車両扉開口幅は1.3m)

 

 

 

 

≪ 参  考 ≫

明石直樹のブログ No.112 地下鉄長堀鶴見緑地線に転落防止の

可動ホーム柵設置へ 下記をご覧ください。

 

       http://bit.ly/c7NIPG ← クリックしてください。