No.132 歩道安全柵がようやく整備完了

城北川にかかっている「北菫橋」の橋梁工事が完了しました。

しかし、橋梁取り付け部分の"歩道安全柵"が、橋梁工事が完成しても

未着工のまま仮設のネットフェンスで囲まれていました。

地域住民の方から「橋梁工事がようやく完成したのに、どうして歩道安全柵

の工事が未着工なんですか?」との問い合わせがありました。

建設局(東工営所)と協議すると、

建設局の工事発注に問題があった。

今回の"橋梁工事"に歩道安全策設置工事が含まれていなかったことが

原因でした。

本来、建設局の橋梁工事担当部署で設計されるべき付帯工事です。

しかし、今回は建設局の道路工事担当部署で設計を行ったため、

道路安全柵完成するまでに1年近く要しました。

 

   ※ 北菫橋の橋梁工事発注の時点で、歩道安全柵工事が橋梁工事の設計に組み込まれて

         あれば、何の問題も無くすべての工事が完了していました。

   「 部署間の連携が全く取れていない。」と言われても仕方がありません。

    おまけに地域住民には何も説明していません。憤りを感じます。

 

橋梁工事、道路工事の担当が異なるだけで、同じ建設局の部署でありながら

連携が取れていません。

二重行政の問題以上に情けない話です。

  ●建設局は猛省し、現場確認の徹底を図り、チェック機能を働けせ

   設計ミスが生じない体制を構築する必要があります。

 

 

 

CIMG1170.JPG

             北菫橋の橋梁工事(架け替え)が完成  (全景写真)

 

 

  " 歩道安全柵 " が完成!

CIMG1168.JPG

    北菫橋の橋梁工事取り付け部の " 歩道安全柵 " (写真中央部、民地境界部分の安全柵)

 

 ※ 民地と歩道の落差は2メートル近くあります。大変危険な箇所です。

 

 

CIMG1164.JPG

 

 

 写真奥が北菫橋です

  (耐震化されています)

 

写真中央部の民地境界部に

" 歩道安全柵 " が完成

(こげ茶色の安全柵です)

 

 

 

 

 

 

 北菫橋の取り付け部 " 歩道安全柵 " (写真中央部、こげ茶色の安全柵)

が設置され、安全に通行できるようになりました。 

   ここは、通学路となっています。

 

CIMG1165.JPG