No.138 大阪市の防災プラザ2010に参加

9/2(木)、大阪市役所正面玄関で開催されていました" 防災プラザ " に参加しました。

これは、防災週間8/30(水)~9/5(日)に合わせて実施され、市民の皆様に日頃から災害に対する「心がまえ」と「備え」を今一度考えて頂き、防災の意識を身近に感じて頂くことを目的に実施されました。

 

出展機関は

 ●大阪市危機管理室・・・備蓄物資の展示、炊き出し

 ●大阪市都市整備局・・・建築物の耐震化模型の展示

 ●大阪市建設局・・・・・・・仮設トイレ受け入れ施設及び雨水貯留タンクの展示

 ●大阪市港湾局・・・・・・・簡易防潮堤設備の展示

 ●大阪市消防局・・・・・・・はしご車、起震車(地震体験)、ミニ消防車、ミニミニ消防車展示体験

 ●大阪市水道局・・・・・・・給水車の展示

 ●大阪府警察・・・・・・・・・白バイ、レスキュー車の展示体験

 ●NTT西日本・・・・・・・・・ポータブル衛星車による災害伝言ダイヤル展示体験

 ●大阪管区気象台・・・・・津波実験装置「つなみ博士」の展示 

 

 

P1000646.JPG

 

 

 

レスキュー車の展示体験

これだけ装備されたレスキュウ車は大阪府警に1台との事

 

 

 

 

 

P1000644.JPG

P1000676.JPG

                                                    地上40メートルまで梯子が伸びます(はしご車)

 

 

P1000648.JPG

 

P1000674.JPG

                                                                             起震車(地震体験)

 

仮設トイレ受け入れ施設及び雨水貯留タンクの展示

P1000653.JPG

 

 

P1000673.JPG

                                                                      津波実験装置「つなみ博士」の展示

 

     ※ 皆さんご存知ですか?

          津波は猛スピードで来襲します。

           水深5000mでは、時速800km・・・飛行機の速度

           水深500mでは、時速250km・・・・新幹線の速度

           水深100mでは、時速110km・・・・車の速度

           水深10mでは、時速36km(秒速10m)・・・オリンピック短距離の選手並み

            津波が見えてから避難しても間に合いません!

 

 

                      建築物の耐震化模型の展示

P1000666.JPG

                               住まいの耐震診断と耐震改修を勧化て見ませんか?

               平成7年に発生した阪神・淡路大震災では、

            住宅の倒壊や家具の転倒による圧迫死が9割です。

          昭和56年以前に建てられた住宅は要注意!

 

 

 

 

P1000670.JPG

                                    大阪市危機管理室と防災体制について意見交換

              

                  

 

P1000663.JPG

                                                 簡易防潮堤設備の展示

 

 

※ 海外で地震が発生したら・・・・・気象庁が発表する情報に注意!

       地震の揺れを感じなくても津波注意報が発表されたら

                          ただちに安全な場所に避難を!