No.147 敬老会に参加

9/20(月)「敬老の日」、各地域で開催されている敬老会に参加させて頂きました。

日本は世界に例を見ない速度で高齢化が進展しています。また、日本がどのように社会保障などを整備するのかが注目されています。

厚生労働省の最新調査によると、100歳以上の高齢者は全国で4万4449人を数えます。老人福祉法が制定され、初めて長寿者が公表された1963年では153人でした。半世紀をかけ世界に冠たる「長寿大国」となったことは喜ばしいことです。

現在の日本の社会において、様々な歪みを生んでいる事は事実ですし、「長寿大国」を支える仕組みづくりが求められています。

その事を改めて痛感させたのが、この夏、全国で次々と明るみになった高齢者の所在不明問題です。私たちの心が痛み、さびしくなる想いに駆られました。

介護、年金、医療など、老後の支えとなる社会保障制度は、持続可能な制度として確立できていません。

超高齢時代にふさわしい仕組みを構築する事が必要です。

そした、お年寄りを狙った悪徳商法や老人虐待、孤独死などが起きない社会、未然に防止する事が出来るような社会を作り上げなければと感じています。

皆様が安心して暮らせる社会を構築するため全力で頑張ってまいります。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

CIMG1294.JPG

CIMG1295.JPGCIMG1299.JPG

区内3会場の「敬老会」に参加させて頂きました。

          皆さん、いつまでもお元気でお過ごしください。。。

多くの皆様の意見を取り入れ大阪市政に反映してまいります。