No.203 皆様の署名運動で"子どもの命を守る3ワクチン接種"が無料化に!

2/1より大阪市におきまして、3ワクチン接種(子宮頸がん予防、ヒブ、小児用肺炎球菌)が、全額公費助成を実施する事になりました。

市民の皆様の署名運動で、この度実現しました。

   署名のご協力、本当にありがとうございました!!

 

 

ワクチン署名.JPG

                                  平松市長に署名を提出 (左端 本人)

 

大阪市全体で約16万名に及ぶ署名を、市民の皆様から頂きました。城東区では1万1580名の区民の皆様から署名を頂き、

「子育て、女性の健康、高齢者の安心安全を求める要望書」を平松市長に提出しました。

大阪市は公明党の要望書を真摯に受け止め、23年度予算に反映されることになりました。

      " 皆様のご要望を市政に反映!"

■3ワクチンの公費全額助成による無料化!2月スタート!

■子宮頸がん・乳がん検診の無料クーポンの継続!

■乳幼児医療費助成制度の拡充が実現!

 

 

 ≪  資  料  ≫

 

公明党大阪市会の署名運動・アンサーチラシ.pdf  ←クリックして下さい。

 

 

 

 

 

 ● 子宮頸がん予防ワクチンについて

   ■中学校1年生から高校1年生までの女子約4万人を対象に実施。

    希望者は、大阪市の指定医療機関に申し込めば、3回分の接種費用

    4万5000円が無料となります。

    尚、高校1年生で3月末までに1回接種を受けた方は、引き続き2回目、 

    3回目の接種が無料となります。(23年度も公費助成の対象です)

 

● 細菌性髄膜炎を防ぐヒブ、小児用肺炎球菌のワクチンについて

   ■生後2カ月から5歳未満の乳幼児約10万1000人が対象となります。

    最大4回分の接種費用が助成されます。

    接種費用は、ヒブが1回当たり7000円程度、肺炎球菌が同約1万円と

        され、全額公費助成で3万円~4万円の個人負担がゼロとなります。

        5歳の誕生日までにワクチン接種して頂ければ、自己負担がゼロです。

 

   ※大阪市の指定医療機関であれば、窓口での自己負担ゼロで

    接種を受けれます。

 

 

  大阪市のホームページです。

平成23年2月1日(火)から平成24年3月31日(土)までの間、子宮頸がん予防ワクチン・ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンの無料接種を実施します。
 

接種可能な市内の医療機関を公表しています。事前に、診療日時や予約の有無などをご確認ください。

 http://bit.ly/hhvBnw ←クリックして下さい。