No.239 公明党政調会第1回実地調査

5/31(火)、公明党政調会第1回実地調査を行いました。

   (防災並びに緊急時の体制について、港湾局・消防局・交通局の視察を実施しました)

 

 

 

● 危機管理体制について、危機管理室より説明聴取

P1010170.JPG P1010175.JPG 

 

 

 ■ 港湾防災センター

P1010184.JPG         津波・高潮対策として、防潮扉(360基)や水門(8基)の開閉等の状態監視など

         港湾防災センターで365日24時間体制で集中監視について説明聴取

                                  

 

P1010189.JPG P1010190.JPG   集中監視装置 ・・・防潮扉・水門の開閉等の状態監視、緊急時の閉鎖指令を発令します

 

 

   ●USJ行 シャトル船乗場にあります防潮扉29にて

P1010232.JPG                                                  防潮扉を人力で閉鎖中 

     

 

 ■ 消防局指令室

P1010261.JPG

 

消防車・救急車など出動中、待機中 、帰還中等が一目瞭然です。

緻密です。。。      

P1010260.JPG       市域内に設置してある3台のテレビカメラ、消防ヘリからの画像も取り込め

                現場の状況が瞬時に確認できます 

   ●「救急安心センターおおさか」も視察

      近くの救急病院情報を24時間・年中無休で電話案内しています。
      

       http://bit.ly/lBKFfk ←クリックして下さい(診てもらえる病院がわからない時)

        http://bit.ly/7anhTV ←クリックして下さい(救急安心センターおおさか)

  

≪ 参 考 ≫    

  ●東日本大震災で岩手県釜石市大槌町へ消防車両など提供

     。。。大阪市であるからこそ出来る被災地支援です。。。

      http://bit.ly/h7fSyd ←クリックして下さい

 

 

 

■ 交通局輸送指令所 

   概念として・・・           

     ●情報化時代に対応した旅客サービスの充実

     ●異常事態発生時の迅速かつ的確な処置

     ●効率的かつ機能的な指令体制の確立

 

現在、8路線129.9kmの地下鉄ネットワークに広がっています。

一日平均約230万人の利用者の皆さまに、安全・便利で快適な輸送サービスの提供する。

そして、事故や故障が発生した際、的確に処理するために輸送指令所があります。

                                                                                                                                                                 

P1010325.JPG

 

P1010324.JPG                 運行に関する情報を一元的に集約され        

                 異常時には的確に関係各所へ情報を発信します

 

  

。。。一言コメント。。。

東日本大震災で今後の防災について考えると・・・

 

大阪市のような現場密着型の基礎自治体の役割は非常に大きい。国や都道府県のような間接行政ではなく、大阪市は直接市民に行政サービスを実施していることから考えると大きな責任があります。

いざという時に役立つように、住民の命を守るためにもしっかりと整備改善しなければならない。今回の東日本大震災の対応から見ても、実働部隊を持っている市町村への権限移譲を進める方が、住民にとっては大きなプラスであると思います。

今後、関西広域連合との緊急時の協力体制など、自治体のあり方をしっかりと議論する必要があると思います。