No.369 第12回 大阪府・大阪市特別区設置協議会を開催

1/17(金)、第12回大阪府・大阪市特別区設置協議会(法定協議会)を開催。

 各会派からこれまでの議論を踏まえて意見開陳があり、その後、委員間討論を実施。

 

◆ 特別区設置協議会(法定協議会)

IMG_0033.JPG

              大阪市役所・特別委員会室にて

 

 

 

 

 ◆ これまでの法定協議会での議論を振り返り(意見開陳)

 

IMG_0064.JPG

 

☆制度移行について

平成274月の制度移行については、これまでの議論から考えて、極めて厳しいと言わざるを得ません。

制度移行の可能性を含めて議論をする中で、実現可能に向けた工程表を組み上げる必要があります。

その中で、制度移行について決定すべきものであると考えています。

 

新たな大都市制度への移行の是非を議論するに当たって、多くの不確定要素を含んだままでは、適切な判断をできるとは考えられない。

曖昧なまま、とりあえず船に乗り込むということにはならない。

 

 他の意見開陳の項目について・・・

 ☆中核市並みの事務分担について

 ☆ 職員体制について

  ☆特別区の財政収支不足対策について

 ☆システム改修や庁舎改修等のイニシャルコストの算定について

 ☆広域自治体が如何に稼ぐか(成長戦略への投資について)

 

 

≪ 資 料 ≫

  法定協議会での意見開陳.docx ← クリックして下さい。

                        (意見開陳の内容)

 

 ◇第12回大阪府・大阪市特別区設置協議会(法定協議会)の開催の録画映像は、

  後日アップされます。

 http://bit.ly/1dEef6K ← クリックして下さい。(録画映像が見れます)

                  

 

◆ 橋下市長より、今後の議論の進め方について提案

  IMG_0330.JPG

 提案趣旨について・・・

 これまでの法定協議会を通じて、ご指摘いただいた点にこれからきちんと答えていく。今後マンパワーの問題などあるので、4案のうち1案に絞らさせて

頂きたい。

(試案3案=5区の北区・中央区分離案を議論の対象としたい)

 

 次回の131日金曜日、大阪府庁で次回の法定協議会を開催し、各会派から

 それを了とするかダメとするか、会派の意見を述べることになりました。