① 市会レポート

No.112 地下鉄長堀鶴見緑地線に転落防止の可動ホーム柵設置へ

H22年6月18日より、地下鉄長堀鶴見緑地線で可動ホーム柵を設置する

ことになりました。

可動ホーム柵とは・・・・・

   地下鉄利用者が、ホームからの転落防止や列車との接触を防止する

   ための設備です。

大阪市交通局では、市営地下鉄のさらなる安全性向上を図るため、大正駅

から鶴見緑地駅までの16駅に可動ホーム柵を順次設置します。

可動ホーム柵設置工事は、起点側の大正駅から着手します。

設置工事完了後、駅ごとに使用開始するとともに、ホームと車両の間の段差

そして隙間を小さくする対策を実施することになっています。

今回の可動ホーム柵設置工事の概要、各駅ごとの工事予定、使用開始時期については下記をご覧ください。
可動ホーム柵設置工事

≪ ご 存 知 ですか・・・ ≫

※ 長堀鶴見緑地線の可動ホーム柵設置工事が、

    どうして 大正駅~鶴見緑地駅までの工事なの?

                     と疑問を持たれた方もいると思います。

    長堀鶴見緑地線は、起点の大正駅~終点の門真南駅まで全部で17駅あります。

   どうして門真南駅の工事予定が入ってないの?

   お答えします・・・・・・・

    阪市域外については、大阪府の予算で工事をすることが基本となっています

  

    大阪市から事前に、計画段階から要望を大阪府に行ってきました。

   

    大阪府の担当部局も動いて頂いたようですが、結果的にH22年度の工事予算は

    付かなかった。

    遅くとも大阪府H23年度の予算には、門真南駅 " 可動ホーム柵設置工事 " の

予算が付くと思われます。

    財政難である為、大阪府はH22年度の工事予算を見送ったみたいです・・・・・・・。

    

    

≪ 参 考 ≫

  大阪市交通局は、長堀鶴見緑地線の可動式ホーム柵設置にあたって

  事前に下記の諸団体に説明をしています。

       (財)大阪市身体障害者団体協議会  

      社)大阪市視覚障害者福祉協会  

       ● 障害者の自立と完全参加を目指す大阪連絡会議

    

最近の記事

カテゴリ

年別ブログ記事リスト

ページのトップへ戻る