市会・実績

No.259 三重県議会の議会改革を視察

8/19(金)、三重県議会に「議会基本条例」など議会改革を学びに視察を実施しました。

三重県議会では、平成7年度から議会改革に取組み、平成18年12月に「三重県議会基本条例案」を全会一致で可決しました。

「議会基本条例」策定までの経緯、策定より約5年が経過する中で効果・反響はどうであったのか。また、課題に対しての取り組みについてもお聞きして来ました。

 

 

CIMG2581.JPG

                               中川三重県会議員にも同席頂き、山本政策法務監より説明聴取

 

 ≪三重県議会の改革≫

 議会基本条例に基づき、各会派の代表による政策討論会議を設置しています。会派間の意見集約を図り県側に提言を行っています。

平成7年・北川前知事が誕生し、知事の政策手法に危機感をもったことが"改革"のきっかけとなったそうです。

三重県議会は議員提案条例も多い。首長に言われてやるのではなく、県民に議会を身近に感じて頂くためにも、議会自ら改革を続けています。

本会議場では二元代表制を象徴するかのように、対面演壇方式を導入しています。(平成15年2月より)

今後の改革に生かすため、有識者による議会諮問会議を設置。

定例会の年2回制導入で会期が年間約240日に増加。また、議員間討論の充実も図り、活発な議論が展開されています。

 

 

 

 

 ◆ 議員テラスからの眺望です・・・・・見事な景色で、開放感があり素敵なテラスです

CIMG2583.JPG 

 

 

 正面奥に見えるのは伊勢湾です

 

 

 

 

 

 

    

 

CIMG2586.JPG

                              議員テラスにて記念写真 (右端 本人)

                     右から3人目が三重県議会・中川議員

 

       三重県議会・関係者の皆さん

     " 大変お世話になりました。 有り難うございました!"