市会・実績

No.431 新年度のご挨拶

新年度のご挨拶

平成28年度がスタートしました。

今年度も、多くの市民の皆様にお応えできるよう、さらに大阪の発展・成長に繋げていけるよう全力で頑張って参ります。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

山積する課題がある中で、まず市バス民営化へ一歩前に踏み出すことを選択しました。

市バス事業については、大阪シティバス株式会社へバス事業引き継ぎ後の路線・運行回数・運賃など

「概ね5年程度」としていたものを「少なくとも10年」に延長しました。

必要な路線の維持とより良いサービス提供を目指し、バス経営健全化計画も承認し、市民生活に関わる課題解消に向け取り組んで参ります。

大阪を成長させる新たな"大阪創生ビジョン"を発表し、政令指定都市・大阪市の存続と変革を目指し「総合区の導入」を提案しました。

これから本格的な議論が始まります。地域の自治を強化し、地域のことは地域で決定するエリアマネージメントの仕組み作りを検討していきます。

「ものづくり技術」、「医療・バイオテクノロジー」、「観光資源」、「芸能・食文化」など世界に誇る"大阪の持つ潜在力"を最大限に引き出し、

大阪の景気回復・経済再生に繋げていきたいと思っています。

子どもから高齢者まで、誰もが安心して暮らせる街を築くため、市民の暮らしを守る政策を推進してまいります。

多くの皆様にご支援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

平成28年 4月          

                  大阪市会議員   明石 直樹